お客様の声 / 脇坂 真嗣 様

【CT110関連(Pモデル)用パーツ】

 ⇒ CT110(Pモデル)用スプロケット
 ⇒ CT110(Pモデル)用ブレーキ
 ⇒ CT110(Pモデル)用マフラー
 ⇒ CT110(Pモデル)用電装系
 ⇒ CT110(Pモデル)用その他

【CT110関連(X・6モデル)用パーツ】

 ⇒ CT110(X・6モデル)用スプロケット
 ⇒ CT110(X・6モデル)用マフラー
 ⇒ CT110(X・6モデル)用その他

【etc】

 ⇒ ブログ:CT110で行こうよ!
 ⇒ 掲示板:CT110の大好きな仲間集合!!



 CT110サイト運営会社:モトサルゴ
 〒563-0014 大阪府池田市木部町534-8
 TEL(072)753-2561 / FAX(072)753-2562
 E-mail:staff@ct110.info

【お客様の声 / 脇坂 真嗣 様】

今回はCT110ハンターカブのページ開設、おめでとうございます。 このハンターカブCT110で自分はモトサルゴさんとのお付き合いがはじまりました。 と言っても、自分は神奈川在住でお店は大阪府・・・ まだ一度も実際に店舗のほうはお邪魔したことがありません。 ネット販売のみのお付き合いで、現在に至っております。

ネット販売は、他にも使わしてもらったところは正直なとこありますが、 ほとんどはその物が欲しいからで、入手してしまえばそれっきりなところばかりでした。 モトサルゴさんはその後も何回か、利用させてもらっています。 いまではネット通販の常連を目指しております(笑)

本当のとこはちょくちょくお店に顔をだして、色々とお話したりしたいところではございますが、 モトサルゴさんの来店のお客様でも、通販のお客様でも 同じように大事にするポリシーで、これからも安心してお付き合いできる プロショップと思いながら、お店からは遠く離れたところで過ごしております。

もともとスーパーカブこそバイクのなかのバイク、と思いこんでいる 自分にとってハンターカブも是非所有したい一台だったのですが 中古でもなかなか玉数は少ない上に値段もほうもかなり高いので いつかはハンターカブ・・・・と思う日々が続いていました。 ある日、まったく別の用事でこちらでお世話になっているバイク屋さんに 出向くと、バイク屋の主人が「こんなの今日下取りで入ったよ。”シーティーヒャクトウ”」

このヒャクトウ、という言葉に一瞬ピンとこないでいると、バイクが目の前に・・・ 「ハンターカブじゃん!」大体の相場は知っていたので、参考までにいくらで売るか 聞いてみたら「いいよ!下取りの値段で」の一言が・・相場の半額の値段!! 即、その場で購入を決定したのでした。

後々、聞いたらバイク屋の主人はハンターカブの相場を知らなかったらしい・・・ それくらいレアだったのでしょうね(笑)ほとんど衝動買いのハンターカブでしたが、 これもハンターカブとの出会いとして乗り続ける覚悟をしたのです。 車体ナンバーから調べると製造されたのは1980年代、もうゆうに車齢20数年 たっているハンターカブなのでこれから先、一日でも長く乗り続けることが 出来るようにパーツ類は、質の良い物を装着しようと考えました。

ハンターカブは、よくマフラーエキパイ部分が腐食してしまうという事を 聞いていましたので、錆により強いモトサルゴさんの「オリジナルステンレスマフラー」を 装着して、駆動の要のスプロケットはモトサルゴオーナーの加藤さんと相談の上 モトサルゴさん販売の「ISA社製 アルミスプロケット 42T」に交換して とてもいい感じに仕上がりました。

幸いこちらはいいフィールドがあるので、ハンターカブのローレンジを自分は よく使うのですが、トルクフルなマフラーと使用目的を呈して選んでもらった スプロケのおかげでとても楽しく、いつもハンターカブを楽しんでおります。